Questel

製品開発

新しい製品上市のリスクを低減し、機会を掴み、参入障壁を強化します。

イントロダクション

製品やサービスを開発し、商業化することは、様々な研究開発、買収、市場インテリジェンス戦略を必要とするいちかばちかの投資です。良くある誤りは、他社が保有する独占権を認識しなかったこと、技術障壁や今にも起ころうとしている技術変化を過小評価したこと、ポジショニングを誤ったこと、競争環境を読み誤ったことです。

Questel社は、意思決定される方々がこれらのリスクを低減できるように、価値を特定し、製品開発と市場潜在性を把握します。

経験豊富な、アナリストが、製品開発者とシニアマネジメントに対して、製品に関する徹底した特許クリアランス調査とFTO調査(Freedom to operate : 他社の特許に妨げられることなく研究が進められるかの調査)を設計し実施することで、予期せぬ出来事を退け、他のプレーヤーとの交渉力の均衡をとります(競合他社のベンチマーク)このスクリーニングと調査を行うことで、知財がビジネス課題に合致しているかを評価できます。潜在性に応じた、短期的・長期的知財成長戦略を策定し実施するのをサポートします。例えば、バリューチェーン戦略(知財バリューチェーンポジショニングと製品マッピング)によって、技術アクセスを保証したり、価格決定力や利益の共有を強化させたりすることで、競合に向き合ったり、競合を弱体化させ(無効資料調査)、依存のリスクを低減しつつ参入障壁を強化させ(イン・ライセンス、クロスライセンス)、 M&A計画を策定し、企業の供給できない部分のギャップを埋めます(投資とM&Aのための知財のデュー・デリジェンス)

Questelの複数の次元からのアプローチは、知財に含まれているシグナルと力を独自な方法で評価します。このようにして、お客様の価値を特定し、保護し構築しそれを製品開発に活かして頂きます。

先行技術検索

Questelコンサルティングは、重要な関連文献のランキングを提供致します(特許文献と非特許文献)。アメリカ、ヨーロッパ、アジアのチームで国際的で複数の次元での観点を活用し、お客様の特許性、FTO、無効資料調査に関する課題の解決を致します。付加価値を提供しつつお客様の利便性を向上させるために、その結果をお客様のQuestel のソフトウェアプラットフォームにアップデートできます。

目的

  • アプリケーションの設計を容易にすること。
  • 特許許可率を向上させること。
  • 訴訟コストを低減すること。
  • ファストトラックを実施すること。
  • クリアランスとFTO調査を実施すること。
  • 妨げとなる特許を無効にすること。
より詳細な情報をお望みの方はこちらへ

プレーヤーのベンチマーク

Questel コンサルティングは、知財、研究開発、イノベーションのベンチマークを提供する方法論を提供します。多くのリーディングカンパニーにサービスを提供してきた豊富な実績を有します。その実績をもとに、マルチスケールベンチマーク評価を行い、短期的・長期的なトレンドを特定し、知財パフォーマンスを向上させる行動計画を策定するお手伝いを致します。パフォーマンスをお伝えしたり、競合他社の活動をモニタリングするのをサポートするプラットフォームを作っています。 のソフトウェアプラットフォームにアップデートできます。

目的

  • 企業の目的に応じた指標を定義すること。
  • 競合他社との力関係を比較し測定すること。
  • 戦略の妨げとなる特許と事業生態系に対して最も強い影響を及ぼす特許を特定すること。
  • 競争環境から新しい洞察や観点を得ること。
  • 知財ポジションを修正し向上させること。
  • 定期的な競争環境モニタリングを実施すること。
より詳細な情報をお望みの方はこちらへ

バリューチェーンポジショニング。

Questelコンサルティングは、企業のサプライチェーン及びバリューチェーンにおける知財の観点を評価し発展させます。お客様はコアテクノロジーをビジネスラインに安全に提供できます。また、知財プログラムを設計し、実施することによって、売上を増やすことができます。バリューチェーンにおける全ての価値創造の選択肢が考慮されます。ポートフォリオがビジネスの目的と戦略に合致しているかという主要な問いに答えます。 のソフトウェアプラットフォームにアップデートできます。

目的

  • 知財ポートフォリオとビジネスライン・ビジネスの目的を合致させ、監査すること。
  • 機会をつかみ、リスクを低減することでバリューチェーンにおいて確固たる地位とビジネスを築くこと。
  • お客様とサプライヤーから新しい知財価値を掴み活用すること。
  • 企業のパフォーマンスと企業価値に特許がどのように貢献したか測定すること。
  • ポートフォリオコストを低減し、最適化すること。
より詳細な情報をお望みの方はこちらへ

知財ロードマップ

価値の高い技術、製品、知財ポートフォリオの開発は、複雑で多次元のプロセスです。このプロセスに知財の観点を組み込まないことで相当な価値が失われていることがしばしばあります。知財の価値を認識しそれを掴むことはスタートアップ企業と大企業にとってマーケティングとオペレーションにおけるコアのプロセスとなります。Questelコンサルティングは、ビジネスの目的に完璧に合致した知財ロードマップと行動計画を策定するスキルに長けています。 のソフトウェアプラットフォームにアップデートできます。

目的

  • 知財診断と知財ランドスケープを総計すること。
  • SWOT 分析を行い、アドバイスを行うこと。
  • 行動計画とマイルストーンを設定すること。
  • KPIとダッシュポードを実行し知財のインパクとをフォローアップし測定すること。
  • 競合状況を定期的にモニタリングすること。
  • 経営陣を巻き込み、目標を共有すること。
より詳細な情報をお望みの方はこちらへ

投資のための知財デューデリジエンス

直近の研究によると、スタートアップ企業と中小企業への投資の50%以上が失敗に終わっています。様々な要因が考えられます。もし投資評価、意思決定、取引、経営に技術と知的財産権が考慮されれば、多くの失敗を避けることができるでしょう。Questel社のデューデリジェンスは、予期せぬリスクと機会を日々特定し、取引の条件や価値について教えてくれます。 のソフトウェアプラットフォームにアップデートできます。

目的

  • ビジネスプランとイノベーションプログラムを分析し、知財を競争優位性のあるものにすること。
  • SWOT 債務分析を提供すること。
  • FTOを評価する要素を生成すること。
  • 投資全体に対する知的財産の割合を測定すること。
  • 知財を強化するためのアドバイスを行うこと。
より詳細な情報をお望みの方はこちらへ